第3回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞で[実行委員長賞]を受賞

株式会社ケーズホールディングスは、第3回「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において、[実行委員長賞]を受賞いたしました。
( ※ 平成25年3月12日 日刊工業新聞紙面にて発表 )

同賞の選考基準において、当社の企業としての考え方、在り方をご評価いただけたものと考えております。

皆様のご支援に対し、深く御礼申し上げます。

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞とは

「大切にしたい会社」「正しいことを正しく行う経営」の要件とは、企業が本当に大切にすべきことの5つの順番を守り、社員とその家族を幸福、外注先とその社員の幸福、地域社会の幸福を実現する行動を継続している会社です。
これらのことを実践している企業を表彰の対象とします。

過去5年以上にわたって、以下の5つの条件に該当していることとします。

  1. 人員整理、会社都合による解雇をしていないこと
  2. 下請企業、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと
  3. 障害者雇用率は法定雇用率以上であること
  4. 黒字経営(経常利益)であること
  5. 重大な労働災害がないこと

※ 日本でいちばん大切にしたい会社大賞HPより

主催 : 法政大学、日刊工業新聞社、あさ出版

詳しくは、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞HPをご覧ください。